きっと役立つ医師の節税対策【必要経費の広さを有効活用】

最新記事一覧

手取り額を増やすには

お金と電卓

実績や対応の良さから選ぶ

医師といえば高額所得者の代名詞のように思われていますが、実際は高額な所得税がかけられているため年収に対して手取り額はかなり少なくなります。開業医であれば経費を計上するなどして節税も行いやすいのですが、勤務医となると節税がしにくく、なかなか手取り額を増やすのは難しくなります。ですが勤務医でも節税は不可能ではなく、上手に行えば手取り額を増やすことも可能です。医師の節税は、控除額をいかに増やすかにかかっています。仕事を増やして収入を増やしても、結局税金はとられますし体への負担は大きくなるので本末転倒です。そうでなく、控除額を増やし、税金がかかる金額を少なくすることで節税は可能となります。医師ができる方法は金額が大きいものだと不動産投資や起業などがあり、金額が小さいものだとふるさと納税や医療費控除などがあります。より大胆に、効果的に対策したいのならば不動産投資や起業などを行うのがよいでしょう。ただ医師の仕事の片手間に行うのはかなり忙しい上にリスキーでもあるので、専門のコンサルティング会社に依頼するのもおすすめです。コンサルティング会社を探すときは、過去の実績が豊富か、医師ならではの特徴や生活リズムを知っているか、連絡はスピーディーで随時行ってくれるかなどを確認しておきましょう。医師の仕事リズムに合わせてきちんと対応してくれるか、条件にあわせて適切に紹介してくれるかなどを確認することで、確実な会社選びが可能となります。

Copyright© 2018 きっと役立つ医師の節税対策【必要経費の広さを有効活用】 All Rights Reserved.