きっと役立つ医師の節税対策【必要経費の広さを有効活用】

最新記事一覧

医療法人化のデメリット

ドクター

設備投資と費用対効果

医師が開業したときに節税対策として法人化するケースが見られます。法人化のメリットは理事長や理事を同一世帯内の家族にすれば、負担する税金を軽減でき、法人財産の圧縮を行うことで相続税を軽減することが可能です。事業継承のために納税準備預金しておくことも可能です。これだけを見ると法人化に節税メリットが高いのですが、その反面デメリットもあります。現在の医療法は平成19年に改正され、後継者がいない医療法人は残余財産が国に没収されてしまいます。法人化したことで免税メリットを受けているため、後継者がいなければ医療機関として残った財産が国のものとなるのです。一度、法人化すると永久に国の監視下に置かれるのです。法人内に配置した資産は外に出すのが非常に難しいため、貯まった資産は相続税の対象となるのも事実です。一方で個人開業医の場合、医師は経営者であるため、個人事業主として給料を取ることは認められていません。同一世帯に住む家族に専従者給与として支払うことになります。給与や経費を差し引いて残ったお金は課税対象となりますが、生活費として抜くお金は課税対象とはなりません。医療設備や病院改修、車両購入費などは経費として引けます。設備投資に費用を回すのは節税効果と病院経営にメリットが配置高いです。医師の節税でもっとも良い方法は設備投資と考えられています。近年では医師の後継者問題も深刻です。医師が退役後に、これまで使用していた病院を賃貸物件として貸し出すことで家賃収入を得るケースも増えています。

Copyright© 2018 きっと役立つ医師の節税対策【必要経費の広さを有効活用】 All Rights Reserved.