知っておくべき医師の節税対策とは?【必要な経費を正しく計算する】

最新記事一覧

儲けるために必要なこと

男女

医師も節税対策をすることがあります。それには会社を設立したり、不動産を購入したりといった方法が有効的です。開業医になれば、法人化することになるので、個人で勤務医だった時代よりも断然、税金対策をすることができます。

詳しく見る

多様な専門分野

女性

医師が病院を開業する際にはコンサルタントのアドバイスを受けることが重要です。複数の提案を受けて選択する必要がありますが、法人格の設立が節税のための重要な要件となります。自前で保有するのか、テナントで入居するかによって初期費用が大きく異なりますが、金融機関の活用で節税効果が期待できます。

詳しく見る

必要経費の範囲

電卓

医療分野の進歩

日本では勤務医以外の医師は自営業として確定申告をする必要があります。医療分野の技術革新が著しいため、治療を行うためには最新の技術や知識の習得が重要になっています。確定申告をするためには収入を正しく計上すると同時に必要な経費を正しく計算する必要があります。費用の味方によっては税金が減額されて節税効果がありますので重要です。医師として個人営業をする場合には法人を組織して自前で病院を開設することが重要です。病院の建設にかかわる費用はすべてが経費となりますが、資産に計上しなければならない建物については減価償却を計算する必要があります。従来は定率法を採用することで節税効果が期待されましたが、最近は定額法で処理することになりましたので節税効果が働かなくなっています。医師が病院を建設するための土地・建物は金額が大きいので、自己資金で賄うよりも金融機関から借り入れをすることによって当初の営業赤字が見込まれる可能性が高く、節税効果が大きくなります。医師に認められる必要経費はサラリーマンよりも広く認められているため、これを有効に用いることでさらなる節税効果が期待できます。診察時に使用する白衣やその洗濯費用は経費となりますので、背広で働くサラリーマンとは大きく異なります。新しい知識や技術を習得するための学会や研修への参画費用や海外の論文を購入する費用についても当然のことながら経費として計上することが可能です。国税庁で認められた過去の費用内訳を確認して申告する必要があります。

意外にお金が貯まらない

医師

高収入の医師といえども節税やコストや資産運用について、知らなければお金を残すことが難しいです。しかし忙しい医師が自力で、資産や税の勉強をするのは大変です。そんなときは医師の資産形成コンサルティングサービスなら、しっかりサポートしてくれます。開業医の人も勤務医の人も相談にのってくれます。

詳しく見る

手取り額を増やすには

お金と電卓

医師が行える節税には、金額の大きいものだと不動産投資や起業などがあります。これらは忙しい医師が片手間に行うのは大変なので、専門のコンサルティング会社に頼むのがおすすめです。過去の実績や連絡のスピーディーさを見ておくとよいでしょう。

詳しく見る

医療法人化のデメリット

ドクター

医師の節税方法として法人化が行われていますが、法人化にはメリットの裏にデメリットも存在します。個人経営の医師の場合、設備投資に資金を回すことで節税効果が高いです。法人化は残余財産が国に没収されることになっています。

詳しく見る

Copyright© 2018 知っておくべき医師の節税対策とは?【必要な経費を正しく計算する】 All Rights Reserved.